≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個人的メモ ガブリアス

攻撃力、耐久力の目安として、ガブリアスのデータを書いておきます
第4世代の頃から最メジャーの仮想敵なので、私はほとんど暗記しちゃってますけど^^;

計算方法
攻撃力 : ポケモンのこうげき・とくこう(実数値)×技の威力×タイプ倍率とか道具÷100(下2ケタ省略)
耐久力 : ポケモンのHP(実数値)×ポケモンのぼうぎょ・とくぼう(実数値)×227~267÷10000(下4ケタ省略)


ガブリアス
種族値 108 130 95 80 85 102

耐久力
     無振り    H振り
物理 477~561  561~660
特殊 436~512  512~602
攻撃力
            A振り/命の珠/こだわりハチマキ/剣の舞(一回)
逆鱗          327 / 425 / 490 / 654
地震(ドラゴンダイブ) 273 / 354 / 409 / 546
ドラゴンクロー     218 / 283 / 327 / 436
ストーンエッジ     182 / 236 / 273 / 364
アイアンヘッド     145 / 188 / 217 / 290

何かが突出して強いというわけじゃないですが、とにかくバランスのいい能力ですね
素早さ102という、抜ける相手と抜けない相手がスパッと別れる絶妙な早さ、
一発じゃ倒しきれない、並の攻撃だと2発までギリギリたえちゃえることも多い絶妙な耐久
素だと一発じゃ相手を倒しきれないけど、2発で倒せる範囲く、また道具次第で一発で倒せる範囲を一気に広げられる絶妙な火力
ドラゴンタイプの攻撃が効きにくい鋼タイプに、タイプ一致の地震を打ち込める絶妙な攻撃範囲

どれも絶妙すぎて、第4世代の登場以降、対策されまくってるのに未だに数が減らないのもうなずける^^;

ちなみに、特殊耐久を逆算して、ガブリアスをめざめるパワー氷で倒すために必要なとくこうの実数値を計算すると、
耐久無振りのガブリアスの場合、

512(無振りガブの最大特殊耐久)÷4(弱点倍率)÷60(めざパの威力)=213.33…

控えめC振りシャンデラ(とくこう種族値145)のとくこうが216なので、
道具強化や能力あげないと、めざめるパワーで一撃で倒せるポケモンがほぼ皆無という、
ガブリアスを更に倒しづらくしている状況ですねw
スポンサーサイト

| ポケモン雑記 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

個人的メモ エレザード

自分で考えた耐久力、攻撃力の計算方法がすごく便利で未だに一人で使い続けてる^^;
メジャーなポケモンの攻撃力や耐久力を覚えとけば、誰の攻撃が誰にどのくらいのダメージとか脳内で一発で理解できるし、
細かい部分も計算式を逆算したりすれば楽ちん

でも全部は覚えきれないので、せっかくなので自分で育成する際に計算した分をメモっておく
ほとんど自分用なのでわけわかんない人はスルーしてね><

計算方法
攻撃力 : ポケモンのこうげき・とくこう(実数値)×技の威力×タイプ倍率とか道具÷100(下2ケタ省略)
耐久力 : ポケモンのHP(実数値)×ポケモンのぼうぎょ・とくぼう(実数値)×227~267÷10000(下4ケタ省略)


エレザード
種族値 62 55 52 109 94 109

耐久力
     無振り    H振り     特化    B振り
物理 223~262  276~324  448~527  323~380
特殊 354~416  437~514  617~725

攻撃力
         無振り/C振り/命の珠/こだわりメガネ
破壊光線    290 / 362 / 470 / 543
雷         212 / 265 / 344 / 397
10万ボルト   174 / 217 / 282 / 325
気合玉      154 / 193 / 250 / 289
ボルトチェンジ  135 / 169 / 219 / 253
波乗り       116 / 144 / 187 / 219


メガネ破壊光線までいくと、メガネラティオスの流星群(532)位になって、
大抵のアタッカータイプのポケモンを一撃で倒せるのがよいですね
耐久無振りなら、ガブリアスはもちろん、メガガルーラも75%くらいで一撃
苦手な相手はボルトチェンジで相手のHPを1/3~1/2くらい削りつつ、
有利なポケモンに交代してとどめを刺したりと、今のとここだわりメガネ型が使いやすいです

でも物理耐久が紙すぎるw
影打ち無効、バレットパンチ半減なのはいいですが、
神速、マッハパンチ持ちが相手にいると、動きをかなり制限されそう
あと相手のスカーフを読めずに一撃死したり…
ある程度特殊耐久があるポケモンなら倒しきれずに反撃を食らうなど
やや動ける場面が限られてくるのが注意ですね~

| ポケモン雑記 | 17:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノーマルジュエルの倍率検証

ポケモンXYのストーリー攻略本が発売になりましたね―
私もさっそく本屋さんに足を運んで買ってみました(^O^)

今度のは、ストーリー攻略本といえど厚い…^^;600ページ以上あります。
XYの新要素や、登場キャラのイラストや設定資料などなど盛りだくさんの内容になってますね―

最後の方に、お約束の技、特性、道具等のデータ集があるのですが、
それを読んでたら気になることが…

ノーマルジュエル:ノーマルタイプのわざの威力が1.3倍になる。使うとなくなる

ふぁ!?

BWではジュエルの倍率は1.5倍だったはず…
強すぎた、ということで下方修正されちゃったのかな…^^;

でもホントなのかな…ポケモンといえば、初代で攻略本に穴を掘るの威力が60なのにホントは100あったとか、
エスパータイプにゴーストが抜群なのにホントは無効だったとかあったし
そういう間違いが万が一にもないとも限らない…

ということで、3DS二台とポケモンソフト2つを使って検証してみました(^O^)
これぞ大人のポケットモンスターw


ジュエル発動
ゲッコウガの隠れ特性「へんげんじざい」だと、
はかいこうせんをタイプ一致で撃てます


ゲッコウガのはかいこうせん
ビーーーーーム!!
ゲッコウガのポーズがちょっと「シェー」っぽい…

メレシーに対して、破壊光線を何度か撃ってジュエルありと無しとでダメージを比べてみた結果、

ジュエルあり:41~42
ジュエルなし:32~35


という結果になりました

ジュエルの倍率が1.5倍だと、48~50以上は出るはずだから、
これは1.3倍になったのは確定みたいですね…

がーーーん XYでとくこうの高いノーマルタイプが出てきたから、
ジュエル破壊光線ぶっ放そうと夢ふくらませていた私にはちょっとショックです/(^o^)\

っていうか、1.3倍ならいのちのたまでいいよね…(´・ω・`)
ちなみに攻略本によると、いのちのたまはいままでと変わらず1.3倍です

こうなったら、ノーマルジュエルはその威力に期待するより、
手軽に道具を消費することで特性かるわざ発動させたり
どろぼうやほしがるで道具を奪ったり、といった使い方をするほうがよさそうですね

今のとこノーマルジュエル以外のジュエルは入手できず、攻略本の道具データにも各種ジュエルは載っていません
今後解禁されるかも、今はちょっとわかんないですね
仮に解禁されたとしても、他のジュエルも、ノーマルジュエルのように倍率が下がったというのはまだ確定ではないですが、
ジュエルでお手軽に高威力をだせていたポケモン達には、ちょっと逆風になりそうです
うーん、ショック^^;

| ポケモン雑記 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギルガルドの考察

私もようやくポケモンで育成環境も整ってきて、とりあえずパーティをひとつ作ってランダムマッチに挑戦しているとこまで来ました^^;

まだ対戦に関する情報も集まりきってはいないですが、ポケモン対戦などについていろいろ考えたりしたことを小出しにしていこうかなと思います。

今回はポケモンXYの新ポケモン、ギルガルドについて
ランダムマッチでも頻繁に見かけて、かくいう私も使い勝手を見る事も含めて育ててパーティに入れてみたいのですが、
今までのポケモンには全くなかった使い心地!そして強い!

それまでのポケモンとはかなり異質な動きをするので、使うにも相手をするにも、どんなものか想像しづらいものがあると思うので、少し説明していきますね

ギルガルドだけの特性「バトルスイッチ」!
ギルガルドには、シールドフォルムとブレードフォルムという、2つのフォルムがあり、
それぞれが全く違う種族値を持っています

シールドフォルムの種族値
HP50 攻撃50 防御150 特攻50 特防150 素早さ60


ブレードフォルムの種族値
HP50 攻撃150 防御50 特攻150 特防50 素早さ60

と、こんな感じに攻撃力が殆ど無いけど防御力が高いシールドフォルム、防御力が殆ど無いけど攻撃力が高いブレードフォルムと両極端

ギルガルドは、この2つのフォルムを、特性バトルスイッチによって「戦闘中に切り替えながら」戦います

それぞれが切り替わる条件ですが、まずモンスターボールから戦闘に出た時にはシールドフォルムの状態で、
ギルガルドが攻撃技を選択した時に、行動の直前にブレードフォルムに切り替わります。
順番の流れを書くと、ギルガルドが後攻だった場合、

相手の行動 → ブレードフォルムに切り替え → ギルガルドの攻撃

MVI1985MOV000106039.jpg
攻撃の直前に、バトルスイッチが発動!

MVI1985MOV000109242.jpg
攻撃力の高いブレードフォルムによって、攻撃が行われる

MVI1985MOV000114347.jpg
ギルガルドのかげうち!

という感じになります。
変化技を使用した時にはフォルムチェンジしません
要するに、攻撃する直前にブレードフォルムに切り替わって、攻撃は必ずブレードフォルムによって行われるということですね

逆に、ブレードフォルムからシールドフォルムに切り替わるには、
交代をするか、ギルガルドの専用技「キングシールド」を使います

キングシールドは、「まもる」を強化したような技で、
先制で相手の攻撃技を完全に防ぎつつ、防いだ攻撃が接触技だった場合は、さらに相手のこうげきを二段階下げてしまいます。
ただし、まもると違い変化技を防ぐことはできません

MVI1985MOV000149115.jpg
キングシールドを使用する直前に、シールドフォルムに変化

MVI1985MOV000150116.jpg
そのターンの攻撃を防ぎつつ、また防御力の高いシールドフォルムに戻れる

このように、2つのフォルムを使い分けながら戦うという、今までのポケモンらしからぬポケモンなのですね~
ややこしくて頭がこんがらがりそう^^;

ギルガルドの戦い方
さて、この攻防両極端のフォルムをもつギルガルドの戦い方としては、
「相手の攻撃はシールドフォルムで受け、攻撃だけをブレードフォルムで当てる」というのが理想となります

そのためには、後攻で行動するか、先制で相手を倒すのが条件になります
なぜなら、もし先制して相手を倒しきれなかった場合、

ブレードフォルムチェンジ → ギルガルドの攻撃 → 相手の攻撃

というように、相手の攻撃を防御力の低いブレードフォルムで受けることになり、大ピンチになってしまいます
つまりギルガルドを使うプレイヤーには、相手より遅く行動できるか、または、相手を倒しきれるのか、という判断を事前にできることが求められるのですね。

難しい判断を迫られる場面も多いですが、そんなギルガルドは「つるぎのまい」と非常に相性がよいです
変化技を使ってもブレードフォルムには変形しないので、固いシールドフォルムのまま使えるし、
次のターンで相手を倒せる可能性が増えてくるので、おいしいとこ取りをするにはすごく便利

また、ポケモンXYからの新しい道具「じゃくてんほけん」とも相性が良い
じゃくてんほけんは、効果は抜群の攻撃を受けた時、自分のこうげきととくこうが二段階上がるというもの

MVI1985MOV000135502.jpg
弱点を突いて有利なはずが、逆に大ピンチ

ギルガルドを相手にする方は、うかうかしてると剣の舞でどんどん攻撃力をあげられてしまうので、
タイプ弱点をついて早く倒してしまいたいとこなのですが、防御力の高いシールドフォルムは弱点をついてもなかなか一撃では倒せません。
なので、じゃくてんほけんが発動しやすく、さらにタイプ一致の先制技、かげうちを使えるので、
つるぎのまいと弱点保険が連続で発動して、そのまま相手を全滅させてしまうこともあります

うーん、この戦法で攻めると、攻めづらくてとっても強いポケモンですね~

ギルガルドの弱点
ギルガルドの特徴と強さは理解できてもらえたでしょうか~
ギリガルドは何考えずに攻めると、あっという間にやられてしまうやっかいなポケモンということは意識しておいたほうがよいですね^^;

では、ギルガルドを相手にする方になった場合、どのように攻めればいいのでしょうか
ギルガルドはその戦い方からくるいくつかの弱点があるので、そこを突いて戦いたいところですね


・タイプ弱点をついて一撃で倒す
固いシールドフォルムといえど、弱点保険を発動させずに一撃で倒す方法がないわけでもありません
高い攻撃力で弱点をつけば、それは可能になります。
ただし、相当高いといけませんが…

例えば、努力値をHPに振ったギルガルドの場合、
攻撃に努力値を振ったガブリアスの地震で攻撃しても、ぎりぎり一撃では倒しきれません、かたっ^^;
逆を言えば、それ以上の攻撃力で地震を当てれば、一撃で倒せる可能性も出てくることになります。

ガブリアスに命の珠やこだわりハチマキなどを持たせて攻撃力をあげたり、意地っ張りドサイドン等さらに攻撃の高いポケモンが地震を撃つ、
炎タイプにも弱いので、日本晴や特性日差しで晴れ状態にしてから炎弱点をつくのも有効でしょう

またそれだと実行できるポケモンは限られてしまいますが、剣の舞で攻撃力をあげたり、
弱点以外の攻撃でHPを削ってから弱点をついて一気に倒すという方法もあります

ポケモンXYからは鋼タイプが悪・ゴーストタイプへの半減がなくなったので、
悪・ゴーストタイプでも弱点をつけますが、
こちらは技の威力が低いので一撃では倒しにくく、悪タイプの物理攻撃は接触技も多いため、キングシールドでこうげきを下げられないよう注意が必要ですね。

・ギルガルドから攻撃を受けにくいポケモンで攻める
ギルガルドの攻撃種族値は非常に高いですが、欠点を言うとタイプ一致で威力の高い技を覚えず、またキングシールドや剣の舞で覚える技の数を圧迫されるため、特に鋼タイプの攻撃に強く他の技で弱点をつけられないポケモンにはやや不利になる傾向があります
特に、最大まで攻撃力をあげても影打ちで倒しきれないような、防御力の高いポケモンなら、
倒されるまでに手数が多くなるので、ギルガルドに対しやや有利に戦えるかもしれません
ギャラドス等の水タイプや、地震を支える鋼タイプのポケモンは戦いやすそうですね

・状態異常や変化技で攻める
キングシールドは変化技を防ぐことができないので、ギルガルドには変化技を当てやすい場面が多くなります
特に火傷で攻撃を半減させる鬼火は効果的。
また、挑発でキングシールドや剣の舞を出させなくしたりするのもいいでしょう

麻痺や混乱等、たまに行動できなくする状態変化も有効です
攻撃の直前にブレードフォルムに変化するのは、そのターン結果的に行動できなかった場合も含まれるので、
麻痺や混乱で動けなかったときは、行動できない上防御力の低いブレードフォルムをされけだす結果になってしまうのですね。

ちなみに、胃液やシンプルビーム、スキルスワップなど特性を変更させる技は効かないもよう


総評
ハマれば非常に強いギルガルドですが、個別に見ると対策を取りにくい部類というほどでもないですね。
ですが、全てのポケモンに言えることではありますが、ギルガルドは特に、プレイヤーのスキルで性能が左右するポケモンのように思えます。

撃ち合いした時のダメージの量などを事前に正しく判断して、ギルガルドへの対策を先読みしてかわし、キングシールドを使うと見せかけて、時にはブレードフォルムのまま攻撃をしたりと、
プレイヤーの力量の差でがらっと変わる場面が多いでしょう

ギルガルドを使う時、あなたは使いこなせるか?
ギルガルドを相手にする時、あなたは対応しきれるか?

ギルガルドがフィールドの現れた時、そんなトレーナー同士の見えない火花が飛び散る光景が、目に浮かびそうです

| ポケモン雑記 | 05:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今頑張って孵化作業してる最中です

XYでは、育て屋に赤い糸を持たせて預けることで、両方の親から5つの個体値を遺伝するようになったみたいですね

はっきりいって、これは凄い^^; 
個体値がVのステータスが違うポケモン同士を預けて、両方引き継いだ子を親にしていって、だんだん増やしていくと…

両方4V最後になるころには5Vが当たり前のように生まれます
うーん、すごい

ともかくこれで、優秀なポケモンを育てる時間がグッと減りそうです
早く本格的に対戦に参加したいです>ワ<

| 未分類 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。